クアラルンプールに行こうと思ったきっかけと仕事探し。

pickup

前回の記事で書いたように身近な人の死をきっかけに、自分の中でやりたいと思っていたことはどんどん実行していこうと思い、その中で一番行動できていなかった海外に住むということを実行してみようと思い職探しをしようと動き始めました。

自分の場合、たまたま友人がクアラルンプールにいて、

「〇〇〇〇〇〇〇(今回行くことになる会社の事業)求人でてるよー。」

という一言から求人に応募したのがきっかけです。

求人探しは、indeed(日本のじゃなくてクアラルンプールのindeed)を利用しました。

サイトに飛んでWhatと書いてある入力フォームに「Japanese」と記入して検索しました。
自分は英語がほとんど喋れません(笑)
なので海外に行くことになっても日本語でできる仕事をしようと思っていました。
検索結果を見ていくと、友人が教えてくれたとおぼしき会社の求人がでていたので応募しました。

応募は簡単なレジュメを作って送るだけ。Google大先生に自分の職務履歴を書いて翻訳していただいたのをindeedのResumeにアップロードしてから該当する仕事に申し込みました。

このときは軽いノリで

KL太郎
KL太郎

落ちても受かってもどっちでもいいかぁ

くらいで応募してみました。
その翌日くらいには電話面談のお知らせが来て、より詳細なレジメと職務経歴書、和文履歴書を送ることになりました。

電話面接では、紹介会社のスタッフさんが日本語で(といっても、クアラルンプールの方です)

内容を入力してください。

もし受かったとしたらいつ頃からいけますか??

KL太郎
KL太郎

いつでもいけます

英語は問題なさそうですか???

KL太郎
KL太郎

問題ないです(ほとんど話せませんw)

といったやりとりをしていると、本面接を行うことに。
数日後、現地のスタッフの方から連絡がきて、

Please tell me about yourself. (自己紹介をしてください。)

KL太郎
KL太郎

Hi, my name is KL taro. my job is ~

といった形で会話をする運びになりました。
もちろん英語は全然話せないのでgoogle大先生に英語をこしらえてもらってカンペを完璧に作って面接に挑みました。

ところが。。。。

 

Ok, tell me ~… ¥gajzdsfhjkfdsふじこ。

予想外の質問がきて、しかも電話の声が遠くてなかなかちゃんとなんといっているのかが聞こえないという事態が発生(笑)

KL太郎
KL太郎

あー。あぁ、、、

と、どもっていると。。。。

 

では、日本語ではなしましょうか。

KL太郎
KL太郎

えっ!?(話せるんかいw)

という感じで担当の方が、4、5ヶ国語話せる方だったのでなんなく日本語で話せました。
面接のフィーリングもなかなか良く、この時点で採用OKは出ていたっぽい感じでした。
けど本人的には今年一番緊張してて落ちるんじゃないかとヒヤヒヤ。。

翌日に採用の知らせが来て、クアラルンプールへの移住と仕事が決まりました。
こんな感じで行動を起こしていった感じになります。

情報をくれた友人には本当に感謝です。
次の記事で、クアラルンプールにいくまでの就労ビザ発行までの準備などについて書こうと思っています。

ブログを書くのは久しぶりなのでなんかぎこちないのと結構消耗していますが、これから少しずつ慣れていこうと思います。最初のうちはちょっと硬くなってしまうと思いますがご容赦ください(笑)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました